CAD図面データの電子納品対応図面変換

CAD図面データの電子納品対応図面変換

CADデータの電子納品対応化

電子納品に対応するCAD図面は、原則としてCAD製図基準(案)に適合したものでなければなりません。また、CADデータのフォーマットはSXF形式(下記参照)となっています。
当社ではCAD図面データの電子納品対応図面変換サービスを行っております!

CAD製図基準(案)で規定している主な項目
図面の大きさ、様式、レイアウト 尺度 線種と線の太さ
文字 図形の表し方 寸法の記入方法
CADデータのフォーマット ファイル名 レイヤ名

SXF形式

電子納品を行う上で、CADデータにルールが無いと発注者と受注者の双方で混乱を招くことになるため、いろいろなCADソフト間で正確にデータの交換ができる共通ルール(中間ファイルフォーマット:交換標準)を定めて行っています。さらには、国外企業の公共事業への参入も妨げてはならないので、この交換標準は国際規格に則ったものであることが必須となっています。

SXFとは、Scadec data eXchange Format の略です.SXFには、P21とSFCの2つの規格があり、P21は国際規格のISO 10303 STEP/AP202に準拠しており、国際的にCADデータの交換が可能となります。

P21形式は、ファイルサイズが大きくなりがちなのが欠点です。そのデメリットを解消するために作られたのがSFC形式で、ファイルサイズが約1/3~1/10になります。 国土交通省をはじめ国の機関では、電子納品の電子成果品はP21形式と定められていますが、地方公共団体などではSFC形式となっている場合がありますので注意が必要です。

平面図
縦断図
横断図
構造図

CADデータの電子納品対応化のお見積り・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください!
なお、お見積りの際には下記の資料が必要となります。ご一緒にご準備下さい。

【ご準備いただく資料】CADデータもしくは出力図面

PAGE TOP