道路施設基本データ作成代行

道路施設台帳

道路施設基本データとは

工事完成図書の電子納品では、当該工事に関連する道路施設の諸元等を取りまとめたもの (要領では工事施設帳票と定義しています。)を所定の電子データ形式(道路施設基本データ)で納めます。 道路施設基本データは、工事施設帳票の電子納品成果(csv、jpg、xml等)であり、道路管理データベースシステム(通称MICHI)の基となるデータのことをいいます。

(1)道路施設基本データ詳細情報(CSV形式)
道路施設基本データ作成支援システムを使用し、路線名、位置、諸元・設置日等に関する情報を入力したデータ。

総括表
一覧表

(2)道路施設一般図(JPG・SXF形式)
道路と施設の位置関係、道路線形、幅員、高さ方向、交差状況等の寸法を把握できる構造一般図、全体一般図等。

位置図
詳細表

(3)現況写真(JPG形式)
施設の全景や周辺状況等を撮影した画像。

現況写真

(4)道路施設基本データ位置図(PDF形式)
道路維持台帳附図に施設の位置を明確に判別できる情報を書いたもの。

道路施設基本データ作成代行サービスのお見積り・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください!
なお、お見積りの際には下記の資料が必要となります。ご一緒にご準備下さい。

【ご準備いただく資料】
「平面図」「構造図」「数量総括表」「特記仕様書」

PAGE TOP