道路完成平面図・縦断図作成

完成平面図・縦断図とは

「完成図」とは、施工された公物の管理および以後の工事の計画・設計等に利用することを目的に工事目的物の完成形状を示した図面のことをいいます。 「完成平面図」とは、完成図のうちの平面図を指し、「完成縦断図」とは、完成図のうち縦断図を指します。完成平面・縦断図は、工事後の維持管理段階における道路管理図や次回工事の発注図として利用されます。

完成平面図・縦断図の作成形状

完成平面図は、維持管理での活用を想定し、設計変更で更新された最終的な発注図を用いることを基本に、 当初発注図の見え消しとした部分はすべて消去し、工事の完成形状を表現するものとしています。また、出来形測量結果のいわゆる「朱書き」は、別途出来形管理図に示し、完成平面図・縦断図には表現しないこととしています。

完成平面図のファイル形式

完成平面図のファイル形式は、図形データに任意の属性データを付与することができる SXF Ver.3.0 の仕様に準拠するものとし、図形データ等を格納するファイルは P21形式 、属性データを格納するファイルはSAF形式とします。作成には、SXF Ver.3.0に対応したCADソフトが必要となります(SXFについては)。

道路施設基本データ・道路完成平面図作成のお見積り・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください!
なお、お見積りの際には下記の資料が必要となります。ご一緒にご準備下さい。

【ご準備いただく資料】「平面図」「縦断図」

電話番号
PAGE TOP