i-Constructionの導入から実施まですべてサポート

業務効率化・品質向上を実現!新時代の施工方法『i-Construction』

CALSパーフェクトでは建設業全体における業務効率化・品質向上を図るため、3次元マシンコントロールに代表されるi-Constructionをサポートしております。入札の前段階の技術提案、現場導入および工事成績点アップに向けたご提案のため、システム商品や各種機器の開発や販売・レンタル・メンテナンスなど様々なサービスを実施しております。

i-Construction(アイコンストラクション)とは

i-Construction(アイコンストラクション)とは
国土交通省の建設生産システム革命
2015年11月、国土交通省は建設現場の生産性向上を目的として、ICT技術を活用する取組、『i-Construction』を推進すると宣言しました。
2016年3月30日には「ICT技術の全面的な活用(土工)」の実施方針が表明され、現在の紙図面を前提とした基準類を変更し、3次元データによる15の新基準が2016年4月より導入されています。あわせてICT土工の活用に必要な経費を計上するための新たな積算基準も導入されています。
ICT技術の全面的な活用(土木)

CALSパーフェクトがご提供するICT技術

① ドローン/3次元計測器による測量

従来のレベル・トータルステーションを用いた起工測量を空中写真測量(ドローン)、レーザースキャナ等により短時間かつ高領域な測量を行います

ドローン
② 3次元測量データによる設計・施工計画

ドローン・3Dスキャナ等で観測したデータから3次元図面を作成、設計図面との差分から、施工量を自動算出することにより、計算作業などの事務作業を簡略化します。

③ ICT建設機械による施工

ガイダンス・自動制御装置の付いた建設機械による施工を行います。 これにより現場作業の効率化・安全性の向上を図ります。 またIoT※(Internet of Things)技術により、作業中に観測したデータを事務所とやりとりすることで帳票作成・設計データの入出力などを効率的に行います。※IoTとは…モノのインターネット化によりいつでもどこでもデータ交信が行える状態であることを指します。

ICT建設機械による施工
④ 3次元出来形管理等の施工管理

工事成果物について、空中写真測量(ドローン)、レーザースキャナ、その他の3次元計測技術を用いて出来形管理を行う。また、TS・GNSSによる締固め回数管理技術を用いた品質管理を行う。

3次元出来形管理等の施工管理
⑤ 3次元データの納品

ドローン・3Dスキャナの出来形観測データや、ICT建機の施工履歴より得られたデータより、3次元施工管理データを工事完成図書として納品します。

3次元データの納品

情報化施工システム

情報化施工システム
測量・設計・施工のすべての場面で3次元データを活用、現場でのデータを直接使用することで、施工の合理化を図る生産システムです。トータルステーションを用いた出来形管理やマシンコントロールなどが可能となり、作業効率や精度の向上が図れます。 現在、「TSを用いた出来形管理」や「TS・GPSを用いた盛土の締め固め管理」などの運用が始まっています。当社では、低コストでの導入を可能にするレンタルプランをご用意、導入時の設計書データ入力サービスや現場訪問による運用支援などのサポートサービスも充実しておりますので、スムーズな導入・運用ができます。ワンマン観測などは、NETIS登録技術となっているほか、創意工夫などで、工事成績評定の加点につながります。
PAGE TOP